メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

福岡・朝倉また被害 仮設道路削られ橋も崩落

川が増水して崩落した応急道路の橋=福岡県朝倉市で2018年7月9日午後0時2分、山下俊輔撮影

 昨年7月の九州北部豪雨から5日で1年を迎えたばかりだった福岡県朝倉市は、再び豪雨に見舞われ応急道路が濁流で削り取られるなどの被害が出た。市によると、農地や道路、河川などで125件(速報値)の被害が確認された。

 同市杷木松末(はきますえ)の乙石川沿いでは、応急仮設道路が川の増水で大きく削られた。仮設の橋も崩落。復旧を進める工事車両などが行き交っていたが、通行できない状態と…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです