小田急

最古参ロマンスカー勇退 定期運行を終了

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 1980(昭和55)年から特急ロマンスカーとして活躍してきた小田急電鉄(本社・東京都新宿区)の7000形電車(愛称LSE、11両編成)が10日、定期運行を終了。デビューから40年近く、第一線を走り続けた昭和の名車が勇退する。

 LSEは先頭と最後尾の運転席を2階に配置。車両前面に展望席を設置しているのが特徴で、乗客は迫力ある走行シーンを楽しむことができる。流線型…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

注目の特集