メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待防止

「もう耐えられない」タレントら要望書提出

牧原秀樹副厚労相(右端)に、児童虐待防止に関する要望書を提出した(左から)真鍋かをりさん、坂本美雨さん、犬山紙子さん=共同

 エッセイストの犬山紙子さんやタレントの真鍋かをりさんらが10日、厚生労働省を訪れ、児童虐待防止に向け、児童相談所の体制強化や無料通信アプリ「LINE(ライン)」での相談窓口の設置を求める要望書と、インターネットで集めた約5000人のメッセージを提出した。受け取った牧原秀樹副厚労相は「同じ気持ちだ」と述べた…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]