メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

死者159人、不明56人 多くが河川氾濫で

水が引き、地面が見え始めた真備町地区=岡山県倉敷市で2018年7月10日午前10時14分、本社ヘリから小出洋平撮影

 西日本を襲った記録的な豪雨による犠牲者はさらに増え、毎日新聞の10日午後9時現在のまとめで、死者は13府県で159人に上った。新たに鳥取県で死者1人が確認された。安否不明者も依然として56人おり、被害の全容は見えない状況が続くが、多くの高齢者が河川の氾濫で犠牲になった様子が浮かんできた。

 地区の約3割が水没した岡山県倉敷市真備(まび)町では、警察や自衛隊が水の引き始めた地域を中心に捜索。10日には男女18人の遺体が新たに見つかった。この地区の犠牲者は計46人に達し、県内で亡くなった人の8割超を占めている。

 真備町地区の死者をみると、年齢が判明した35人のうち30人が65歳以上の高齢者だったことが、県への取材で判明。70代の女性は家族と一緒に避難中にはぐれて死亡。90代の男性は自宅1階のベッドで遺体で見つかった。いずれも水死とみられる。身元不明者の中にも、高齢者が複数含まれている可能性がある。

 この地区では1級河川・高梁川水系の支流の堤防が決壊。短時間のうちに多くの住宅が濁流に次々とのみ込まれ、災害弱者の高齢者が避難できないまま犠牲になった状況がうかがえる。

 また、広島県でも被害の拡大が確認された。主要道路や交通網の相次ぐ寸断で「孤立状態」に陥った呉市で、新たに5人の死亡が確認された。市内では天応地区や安浦地区を中心に土砂被害が広範囲に及ぶ。市内の死者は計13人になり、現在も10人以上が安否不明のままになっている。

 多数の住宅が大量の土砂で流された同県熊野町の住宅街「大原ハイツ」では、安否不明になっていた3人の死亡が確認された。

 国土交通省によると、崖崩れなどの土砂災害は10日午後1時現在、29道府県で424件発生した。

 一方、気象庁によると、被災地では10日も午前中から気温が上がり、各地で真夏日になった。愛媛県大洲市(34・8度)や岡山県倉敷市(32・8度)は今季最高を更新。被災地では多くの住民が避難所生活を強いられており、同庁は熱中症への注意を呼びかけている。

 岡山、広島両県では、JR山陽線(笠岡-海田市間)は復旧のめどが立っておらず、JR西日本は同区間の利用者に対し、山陽新幹線による代替輸送を9日から続けている。区間内の定期券などを6日までに購入した人が対象。【高橋祐貴、松本紫帆、隈元悠太】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 モドリッチMVPに 躍進のクロアチア率い 
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  4. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて
  5. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]