メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

クロアチア、アシスタントコーチを解任

 クロアチア・サッカー連盟は9日、準々決勝のロシア戦の後に政治的な意図を含んだとみられる発言をしたとして、アシスタントコーチのブヌコエビッチ氏の解任を発表した。

     ブヌコエビッチ氏は解任を受け入れ、ロシア国民に謝罪する声明を出した。一緒に同様の発言したDFビダは処分を免れたが「ウクライナの友人へ、今大会中の支援に対する感謝を伝えるものであり、ロシアとの試合に向けたものではない」と釈明する声明を発表した。

     ウクライナのディナモ・キエフでプレーした経験がある2人は、ロシア戦の後にSNSに投稿された映像の中で「ウクライナ万歳! この勝利はウクライナとディナモにささげる」などと発言。国際サッカー連盟(FIFA)規律委員会がビダに注意を与えていた。【大前仁】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]