メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ややパリには遠く~南仏留学記

なぜにほんごをべんきょうしますか?

大阪万博の記念メダルを手にするマリークロードさん。お土産に買って大切にしているそう=2018年7月9日午後3時17分、久野華代撮影

 フランス北部・ノルマンディー地方にあるルーアンという町に、フランス語習得のため今年の4月から留学しています。新聞記者の仕事を離れ、留学生活を日記風につづっています。

 語学学校は、夏休みを利用してやってきた学生が増え活気づいています。4月から一緒だった下宿先のルームメートたちは私を除いて総入れ替えになり、現在は同じ学校のスイス、ベルギー、スペイン、ブラジルの若者と一緒です。ブラジル以外の3人はフランスと時差がない国の人たちなので、夜遅くまで故郷の家族や恋人と電話でおしゃべりして楽しそう。スイス人の女子学生ネイラは「さびしいから、週末だけちょっと帰ってくる」と言っていました。この気軽さが欧州、という感じです。

 前回はフランス語習得の壁が高く、打ちひしがれている話を書きました。一方、彼らは日本語話者の私に比べ…

久野華代

1983年三重県生まれ。東京外国語大学を卒業後、2006年に毎日新聞に入り北海道や東京で記者として働いた。日当たりの良いテーブルか、あたたかい布団で本を読むことが好き。寒い部屋ならルイボス茶をいれる。山菜採りも好き。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです