メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

死者185人 感染症対策、本格化 専門チーム派遣 DHEAT、災害関連死を予防

 西日本を中心にした豪雨被害の犠牲者は12日もさらに増え、毎日新聞の集計で午後0時半現在、13府県で185人に上った。安否不明者も63人いる。土砂災害や家屋被害も少しずつ明らかになってきた。厳しい暑さが続く中、被災地では衛生面の対策が急務になっている。

 大規模災害後に被災者の健康管理をサポートする「災害時健康危機管理支援チーム」(DHEAT=ディーヒート)と呼ばれる専門集団が12日、厚生労働省から岡山県に派遣された。今年3月に運用が開始され、被災地への派遣は全国で初めて。避難生活の長期化による感染症の発症やエコノミークラス症候群などによる災害関連死を防ぐため、必要な人材や物資を把握し、供給する調整役を担う。

 DHEATは各都道府県が1チーム5人程度を被災地に派遣する仕組み。人員を交代しながら数週間から数カ…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  5. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです