特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

死者185人 感染症対策、本格化 専門チーム派遣 DHEAT、災害関連死を予防

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 西日本を中心にした豪雨被害の犠牲者は12日もさらに増え、毎日新聞の集計で午後0時半現在、13府県で185人に上った。安否不明者も63人いる。土砂災害や家屋被害も少しずつ明らかになってきた。厳しい暑さが続く中、被災地では衛生面の対策が急務になっている。

 大規模災害後に被災者の健康管理をサポートする「災害時健康危機管理支援チーム」(DHEAT=ディーヒート)と呼ばれる専門集団が12日、厚生労働省から岡山県に派遣された。今年3月に運用が開始され、被災地への派遣は全国で初めて。避難生活の長期化による感染症の発症やエコノミークラス症候群などによる災害関連死を防ぐため、必要な人材や物資を把握し、供給する調整役を担う。

 DHEATは各都道府県が1チーム5人程度を被災地に派遣する仕組み。人員を交代しながら数週間から数カ月活動する。メンバーは厚労省で研修を受けた都道府県所属の医師や保健師、管理栄養士などで、被災自治体の保健所などに入る。

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1295文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集