メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

子供の川遊び、盲点は 溺れる危険、浅場でも

川で流された時の注意点

 夏休みを前に、河原で家族や仲間とバーベキューや水遊びを計画中の人もいるだろう。川遊びは楽しみながら自然に親しめる半面、あなどればリスクは大きい。特に、子供の川での水死者数は海の約2倍となっている。川の怖さを知った上で、事故を未然に防ぐにはどうすればいいのか。【石塚孝志】

 一見、流れが緩やかで浅そうな川に入ろうとして足を滑らせ、ヒヤリとした経験を持つ人もいるのではないだろうか。

 公益財団法人・河川財団が警察庁の2003~17年の中学生以下の子供の水死者数を場所別に分析したところ、海の23・1%に比べ河川は47・3%と約2倍だった。

この記事は有料記事です。

残り2145文字(全文2413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです