メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

三浦しをん 心打つ率直な思い 3年ぶり長編『ののはな通信』

作家の三浦しをんさん=東京都千代田区で2018年6月28日、根岸基弘撮影

 直木賞作家の三浦しをんさんが5月、長編小説『ののはな通信』(KADOKAWA)を刊行した。3年ぶりの長編小説となる今回の作品は、恋に落ちた女の子2人の別れやその後の生きざまを書簡形式で描いた。「女の子2人の話ですが、『女の子ってこんなことを考えているんだ』と、男性にも分かってもらえる作品になったのでは」と手応えを口にする。

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1137文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです