メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

海外活躍中のダンサーら続々里帰り 小池ミモザ「獣」と「女王」

 海外で活躍する日本人ダンサーらが、夏休みに続々と里帰り中だ。中でもとりわけ創造的なのが、モナコ公国モンテカルロ・バレエの看板、小池ミモザ。今月は「横浜バレエフェスティバル」で踊り、来月には新作「夏ノ夜ノ夢」を共同演出・主演。「人生は挑戦」と、多忙さを楽しむ。

 15歳で渡欧。毎夏の帰国は「活動をご覧いただくと共に、日本社会の変化に驚く」定点観測となっている。

 横浜のフェスティバルは21日、神奈川県民ホール。公演の芸術監督、遠藤康行の作品「半獣」を3年ぶりに…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです