連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

海外活躍中のダンサーら続々里帰り 小池ミモザ「獣」と「女王」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 海外で活躍する日本人ダンサーらが、夏休みに続々と里帰り中だ。中でもとりわけ創造的なのが、モナコ公国モンテカルロ・バレエの看板、小池ミモザ。今月は「横浜バレエフェスティバル」で踊り、来月には新作「夏ノ夜ノ夢」を共同演出・主演。「人生は挑戦」と、多忙さを楽しむ。

 15歳で渡欧。毎夏の帰国は「活動をご覧いただくと共に、日本社会の変化に驚く」定点観測となっている。

 横浜のフェスティバルは21日、神奈川県民ホール。公演の芸術監督、遠藤康行の作品「半獣」を3年ぶりに再演する。ベルトでつながった遠藤と小池が、重心をやりとりしつつ一体の獣のように動く。「一つの人格の中で男性と女性の部分が交差するイメージです」。他に菅井円加(まどか)、二山治雄、金原里奈ら、国際バレエコンクール出身の若手が多数出演。小池も次世代の育成企画に携わるという。問い合わせは0570・015・…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文652文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集