メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台

チェーホフ「かもめ」 日韓合作で翻案、上演 兵庫・伊丹で20日から

 チェーホフの「かもめ」を、植民地時代の朝鮮半島を舞台に翻案した日韓合作の舞台「カルメギ」が20~22日、兵庫県伊丹市のアイホールで上演される。古典作品などの先鋭的な演出で高い評価を受ける劇団「東京デスロック」の多田淳之介の演出、韓国の「第12言語演劇スタジオ」のソン・ギウンの脚本で、2013年に韓国、14年に日本で初演された作品。4年ぶりの再演で、関西公演は初となる。

 1930年代の朝鮮の田舎町。芸術を志す青年のもとに、母が日本から作家の恋人を連れて帰郷する。原作で…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです