メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台

「アンナ・クリスティ」マット役・佐藤隆太 怖さを抱え、半歩でも進む

 米国を代表する劇作家の一人、ユージン・オニールが1921年に発表し、ピュリツァー賞を受賞した傑作戯曲「アンナ・クリスティ」。グレタ・ガルボ主演の映画版でも知られ、名優たちが演じてきた人間ドラマが今夏、栗山民也の演出でよみがえる。主人公アンナと恋に落ちる青年、マットを演じる佐藤隆太は「相手の過去を受け入れられるかどうか。今の時代でも共感できる普遍的な問いを描いた作品」と語る。

 物語の舞台はニューヨーク。年老いた船乗りクリス(たかお鷹)のもとに、5歳の時に別れた娘アンナ(篠原…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文976文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです