メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独演会

桂文珍 ネタの行ったり来たり「楽しんで」 江戸←→上方 落語←→歌舞伎 来月8日・大阪

 桂文珍の恒例の独演会が、今年も8月8日になんばグランド花月(大阪市中央区)で開かれる。同月の東京・歌舞伎座で、中村七之助らによって新作歌舞伎として演じられることになった「星野屋」など、3席を披露する。

 「星野屋」は、文珍が江戸落語から移植し手がけている一席。商家の旦那が妾(めかけ)のお花の心底を確かめようと心中を持ちかけ、男と女のだまし合いが繰り広げられる。文珍は、落語作家の小佐田定雄と共に上方版に脚色。だまし合いの面白みにフォーカスし、お花の母親のキャラクターを際立たせるなど、「今の時代に合うよう仕立て直している」。今回、この文珍版が「八月納涼歌舞伎」(9~…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文711文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  3. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  4. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集 社長「常識を逸脱」 明確な謝罪なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです