メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる鉄路

札沼線の廃止を浦臼町長も容認 「代替バス活用」 /北海道

 JR北海道が廃止・バス転換を求めている札沼線(北海道医療大学-新十津川間)について、沿線の浦臼町の斉藤純雄町長は11日開かれた住民説明会で「代替バスを有効活用し、町の将来につなげたい」と述べ、廃止容認の方針を示した。

 月形、新十津川両町に続く判断。残る当別町を含めた沿線4町の会合を8月上旬に開き、…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです