メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわて人模様

岩手弁護士会会長 太田秀栄さん(59) /岩手

太田秀栄(おおた・しゅうえい)さん(59)

 今年4月、約100人が所属する岩手弁護士会のトップに就いた。盛岡市内に法律事務所を構える自身の活動の傍ら、山田町や陸前高田市など沿岸部にも足を運び、東日本大震災の被災者を法律面から支援する。

 1982年、岩手放送(現IBC岩手放送)に入社。35歳までは記者として事件・事故や県政などの報道に携わった。弁護士を志すきっかけとなったのは、高齢者らを狙った詐欺商法で80年代に社会問題化した豊田商事事件の裁判取材。多額の被害に苦しむ人たちに寄り添う弁護士の姿に胸を打たれ、「もっと被害者に向き合いたい」という思いが強くなっていった。

 30代半ばで転身し、司法試験の合格を目指す決心。両親からは反対されたが、妻の理解とサポートに支えら…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです