メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蓮田市

パチンコ企業と災害時防災協定 /埼玉

 蓮田市とパチンコ店経営などを手掛ける企業「コンチェルト」(東京都豊島区)は、災害時に市が市内にある同社のパチンコ店「コンサートホール蓮田」(同市根金)から水や食料などの提供を受ける協定を締結した。

     同店が備蓄する水(500ミリリットル)、乾パン、アルミブランケット、簡易トイレの計400セットを住民らに提供。備蓄は年内に800セットに増やす。また、国道の渋滞などによる帰宅困難者が、大型駐車場を一時的な避難場所として営業時間外でも利用できるようにする。

     同社は東日本で22店を展開。東日本大震災で仙台市の店舗が景品の食料を提供したことがあり、昨年12月に全店で災害に備えて備蓄した。同様の協定は東京都足立区とも締結しているが、5店を展開する県内では蓮田市が初めて。【上野宏人】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
    2. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
    3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    4. 選挙 狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京
    5. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]