メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆者の声をうけつぐ映画祭

核の惨禍、7作品上映 吉永小百合さんも登場 練馬・武蔵大で14、15日 /東京

 原爆が投下された広島、長崎の惨禍を伝える「第12回被爆者の声をうけつぐ映画祭2018」が14、15日、練馬区豊玉上1の武蔵大学江古田キャンパスで開かれる。広島が舞台の「愛と死の記録」(1966年、蔵原惟繕(これよし)監督)など7作品を上映。初日の14日は午後6時から、主演した女優の吉永小百合さんが、映画上映前にトークに登場する。

 「愛と死の記録」は原爆症の問題を正面から描いた。吉永さんによるヒロインと、渡哲也さん演じる被爆者の…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文468文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立
  3. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  4. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  5. ORICON NEWS 鈴木保奈美『SUITS』クランクアップ「“織田節”を堪能いたしました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです