共謀罪

採決1年 言論弾圧の歴史学ぶ 米騒動も絡め講演 朝日「紋左」 /富山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米騒動から泊・横浜事件への言論弾圧の歴史を紹介する向井嘉之さん(右)=富山県朝日町沼保の紋左で、青山郁子撮影
米騒動から泊・横浜事件への言論弾圧の歴史を紹介する向井嘉之さん(右)=富山県朝日町沼保の紋左で、青山郁子撮影

 「共謀罪」採決1年を機に、米騒動から泊・横浜事件(1942年)の歴史から言論弾圧について考える学習会「米騒動、泊・横浜事件そして、共謀罪!」が5日、事件の舞台となった朝日町の旅館「紋左」で開かれた。

 同年7月5、6日、同町出身の国際政治学者、細川嘉六(1888~1962年)が出版編集者や研究者らを招き、紋左で慰労会を開いた。その際、7人で撮影された記念写真が、神奈川県警の特高に「共産党再建準備会」の会合の証拠とされ翌年、治安維持法違反容疑で全員が逮捕された。その後、60人以…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

あわせて読みたい

注目の特集