メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝俣衆院議員

学校施設を視察 沼津の中学校など /静岡

 勝俣孝明衆院議員(自民)、沼津市の頼重秀一市長、服部裕美子教育長らが11日、同市立原中(斎藤匡洋校長)などの学校施設を視察した。勝俣議員は「沼駿伊豆地区学校施設整備促進議員連盟」を設立し、各地の小中学校を視察している。

     沼津市の小中学校は普通教室にエアコンがない一方、財政的に余裕がある長泉町は全教室にエアコンがあり、市町間で教育格差がある。勝俣議員は文部科学省の関連予算について、「1998年度は1782億円あったが、今年度は682億円」と現状を説明した。

     原中の校舎は49年度と71年度に2階建てで建設された。その後の86、87年度に3階建て、4階建てに増築された。耐震工事は終えている。斎藤校長は、壁のひび割れや木の窓枠、水飲み場の少なさなどを説明。配膳室もエアコンがなく給食が傷まないように気を配っていると話した。頼重市長は「安心安全で未来に夢を持てる教育環境整備は喫緊の課題として取り組みたい」と述べた。【石川宏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
    2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
    3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
    4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
    5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]