全国高校総体

37年ぶり大舞台へ 伊賀白鳳サッカー部、市長を訪問 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 前身の上野工業高が1981年に出場して以来の全国高校総合体育大会に挑む県立伊賀白鳳高(伊賀市)サッカー部の選手が10日、市役所で岡本栄市長に健闘を誓った。初戦は8月7日、地元の上野運動公園競技場で、青森山田高と対戦する。

 選手を代表して3年生の4人が市役所を訪れた。チームをまとめるMF三井錬主将は「同じ年代なので絶対負けたくない」、エースストライカーのFW藤岡翔太選手は「一日…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

あわせて読みたい

注目の特集