メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎大

スポーツで地域活性化へ プロジェクト推進、鈴木長官が講演 /長崎

 学生や教職員の健康増進を推進し、その研究成果を地域に還元することで、長寿社会と地域の活性化に貢献しようと、長崎大は「ヘルシーキャンパスプロジェクト」を始めた。キックオフイベントでは鈴木大地スポーツ庁長官が講演した。

     イベントで同大の河野茂学長は「大学から健康を考え、大切にする文化を社会に発信していく」とした「健康宣言」を読み上げた。学生・地域がスポーツに触れる機会を増やす他、歩きやすい服装で徒歩で通勤・通学を普及させるスポーツ庁のプロジェクトを同大も実施する。キャンパス内の完全禁煙化などを進めていく。

     鈴木長官は基調講演で「スポーツの敷居を下げ、学校の『体育』を技術の評価からスポーツの楽しさを学ぶものに変え、誰でも体を動かすことを楽しめる社会を目指している」と国が進めるスポーツ施策などを紹介した。【浅野翔太郎】

    〔長崎版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
    2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
    5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]