メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対中関税6031品目追加 中国、対抗策を検討

 【北京・赤間清広、ワシントン清水憲司】トランプ米政権は10日、中国の知的財産権侵害に対する制裁措置として、新たに10%の追加関税を課す2000億ドル(約22兆円)規模の中国製品6031品目のリストを公表した。これに対し、中国政府はただちに報復措置の検討を表明し、両国の対立は更に深まった。

 米通商代表部(USTR)が10日発表した新たな対中制裁のリストには、農・海産物や家電、家具など生活に密着した製品も含まれている。必要な国内手続きを8月末までに終え、9月にもトランプ氏が発動するかどうか最終判断する。

 一方、中国商務省は11日、「追加リスト発表はまったく受け入れられない。厳正に抗議する」とする報道官…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文653文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです