メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

襲う猛暑、断水24万戸 死者176人

土砂崩れにより、自宅近くで行方不明になっている植木将太朗さんの母富士子さん。知人やボランティア、自衛隊などの力も借りて、息子を捜し続けている=広島市安芸区矢野東で2018年7月11日午前7時43分

 西日本を襲った記録的な豪雨の被害者はさらに拡大し、毎日新聞の11日午後10時現在のまとめでは、死者は13府県で176人になった。この日、岡山、広島、佐賀の3県で計17人の死亡が確認されたが、安否不明者は依然として61人に上る。被災地は連日30度を超える暑さとなっており、自衛隊や消防の懸命な救助、捜索活動が続いている。また、甚大な被害を受けた広島、岡山、愛媛の3県を中心に12府県で計24万4612戸の断水が続いており、復旧作業が難航している。

 死者数の内訳は、広島71人▽岡山57人▽愛媛26人--など。岡山県は11日、安否不明者の早期発見の…

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1083文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです