特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

襲う猛暑、断水24万戸 死者176人

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
土砂崩れにより、自宅近くで行方不明になっている植木将太朗さんの母富士子さん。知人やボランティア、自衛隊などの力も借りて、息子を捜し続けている=広島市安芸区矢野東で2018年7月11日午前7時43分
土砂崩れにより、自宅近くで行方不明になっている植木将太朗さんの母富士子さん。知人やボランティア、自衛隊などの力も借りて、息子を捜し続けている=広島市安芸区矢野東で2018年7月11日午前7時43分

 西日本を襲った記録的な豪雨の被害者はさらに拡大し、毎日新聞の11日午後10時現在のまとめでは、死者は13府県で176人になった。この日、岡山、広島、佐賀の3県で計17人の死亡が確認されたが、安否不明者は依然として61人に上る。被災地は連日30度を超える暑さとなっており、自衛隊や消防の懸命な救助、捜索活動が続いている。また、甚大な被害を受けた広島、岡山、愛媛の3県を中心に12府県で計24万4612戸の断水が続いており、復旧作業が難航している。

 死者数の内訳は、広島71人▽岡山57人▽愛媛26人--など。岡山県は11日、安否不明者の早期発見のため、倉敷市真備(まび)町地区46人と他市町5人の計51人の実名を公表した。公表後、真備町地区で33人の生存が確認されたが、甚大な被害を受けた広島、岡山両県の被害の全容は見えていない。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1083文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集