メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

エネルギー基本計画改定 政府の責任で針路示せ=和田憲二(東京経済部)

東京電力ホールディングスが廃炉方針を表明した福島第2原発。全国で老朽化した原発の廃炉が相次ぎ、政府が掲げる原発比率の達成は見通せない=福島県楢葉町、富岡町の境界で6月14日、本社ヘリから

 政府がエネルギー政策の中長期的な指針「エネルギー基本計画」を4年ぶりに改定し、閣議決定した。現実離れした2030年度の原発比率の目標を維持する一方、各国が野心的な戦略を競い合う50年の目標設定は見送った。なんともちぐはぐな印象だ。政府は現実を見据えて足元の目標を見直すとともに、将来の方向性を大胆に描くべきだ。

 再生可能エネルギー22~24%、原子力20~22%、石炭火力26%--。新たな計画は、30年度にど…

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2032文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです