メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

大久保好男さん=日本民間放送連盟会長に就任した

日本テレビ社長の大久保好男氏=和田大典撮影

大久保好男(おおくぼ・よしお)さん(68)

 「技術革新が急速に進み、国民の価値観も変わった。放送事業を取り巻く環境が激変する厳しい時代で、大変な時に会長になった」。全国200以上の民間放送事業者で構成する日本民間放送連盟(民放連)の会長に先月就任。記者会見で、重責をかみしめるようにあいさつした。

 心境を吐露したのには理由がある。今春、政府が進める放送制度改革の「原案」が報道された。インターネットなどの通信と放送の制度を一本化することを掲げ、番組の「政治的公平性」などを定めた放送法4条などの規制を撤廃するとした内容に業界は揺れた。

 結局、政府の規制改革推進会議が出した答申で、放送事業者のビジネスモデルに直ちに影響を与えるような内…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです