メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼所

データ不正 容疑認める 警視庁、書類送検へ

 神戸製鋼所による品質検査データ改ざん事件で、同社側が東京地検特捜部の捜査に、不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑を認めていることが関係者への取材で明らかになった。特捜部は法人としての同社を立件する方針を固めた模様で、警視庁が近く書類送検する見通し。

 特捜部と警視庁捜査2課は先月5日、同法違反容疑で同社の東京本社や神戸本社など5カ所を捜索。押収した資料や関係者への聴取から、改ざんは組織的で法人の刑事責任が問えると判断したと…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです