メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生物ゲノム編集

遺伝子削除、規制せず 組み入れは対象 環境省原案

ゲノム編集の法規制原案

 遺伝子を効率よく改変できる技術「ゲノム編集」で作られた生物について、環境省は11日、遺伝子組み換えの農作物などと同様にカルタヘナ法による規制の対象に加えるかどうか専門委員会で議論を始めた。同省は規制対象の線引きの原案を示し、遺伝子の機能を失わせ新たな品種を作る手法については規制対象外とする方針を示した。今秋にも結論をまとめる。【五十嵐和大】

 ゲノム編集は医学研究を含め幅広い分野で技術が利用されているが、法規制の検討は初めて。

この記事は有料記事です。

残り1186文字(全文1401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです