メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

自己組織化で巨大分子に 混ぜ合わせだけで複雑構造を実現

自己組織化で作る巨大分子

 試薬を混ぜ合わせただけで、多面体など複雑な構造の巨大分子が自然にできる「自己組織化」という現象が注目を集めている。この分野を切り開いた藤田誠・東京大教授(60)が今年、優れた研究に贈られる「ウルフ賞」を受賞、創薬などへの応用も見えてきた。【柳楽未来】

 ●正方形が「できた」

 「正方形の環状構造の分子を作ってみたい」

 1990年、千葉大の助手だった藤田さんは、前例のない分子の作成に挑戦していた。新しい分子を合成する…

この記事は有料記事です。

残り1501文字(全文1709文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  2. 西日本豪雨 ボランティア、大阪の小6も大粒の汗 広島
  3. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
  4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  5. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]