連載

PICKUP

科学界の最新トピックスをピックアップします。

連載一覧

PICKUP

PCデータ復元し「証拠」 京大論文不正調査 検証実験希望応じず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <ピックアップ>

 京都大iPS細胞研究所の論文不正問題で、同研究所の調査委員会メンバーが毎日新聞の取材に応じ、責任著者のノートパソコンから見つかったデータ改ざんの痕跡が不正認定の決め手となったことを明らかにした。消去されていたデータを復元して見つけたという。

 著者は検証実験を希望したが調査委は応じず、論文自体の精査に徹した。こうした姿勢は結果的に調査期間の短縮や費用削減につながり、今後の研究不正への対応の参考になりそうだ。

 問題の論文(既に撤回)では計11個の図で捏造(ねつぞう)・改ざんが認定され、筆頭著者で責任著者の山水康平助教が3月に懲戒解雇処分を受けた。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文920文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集