メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

PCデータ復元し「証拠」 京大論文不正調査 検証実験希望応じず

 <ピックアップ>

 京都大iPS細胞研究所の論文不正問題で、同研究所の調査委員会メンバーが毎日新聞の取材に応じ、責任著者のノートパソコンから見つかったデータ改ざんの痕跡が不正認定の決め手となったことを明らかにした。消去されていたデータを復元して見つけたという。

 著者は検証実験を希望したが調査委は応じず、論文自体の精査に徹した。こうした姿勢は結果的に調査期間の短縮や費用削減につながり、今後の研究不正への対応の参考になりそうだ。

 問題の論文(既に撤回)では計11個の図で捏造(ねつぞう)・改ざんが認定され、筆頭著者で責任著者の山…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文920文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです