メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

PCデータ復元し「証拠」 京大論文不正調査 検証実験希望応じず

 <ピックアップ>

 京都大iPS細胞研究所の論文不正問題で、同研究所の調査委員会メンバーが毎日新聞の取材に応じ、責任著者のノートパソコンから見つかったデータ改ざんの痕跡が不正認定の決め手となったことを明らかにした。消去されていたデータを復元して見つけたという。

 著者は検証実験を希望したが調査委は応じず、論文自体の精査に徹した。こうした姿勢は結果的に調査期間の短縮や費用削減につながり、今後の研究不正への対応の参考になりそうだ。

 問題の論文(既に撤回)では計11個の図で捏造(ねつぞう)・改ざんが認定され、筆頭著者で責任著者の山…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです