メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

勢、鶴竜から金星

鶴竜(左)を押し出しで破る勢=ドルフィンズアリーナで2018年7月11日、兵藤公治撮影

4日目(11日・ドルフィンズアリーナ)

 3場所連続優勝を狙う横綱・鶴竜が勢に押し出されて金星を許し、今場所初黒星を喫した。4戦全勝は新大関の栃ノ心と関脇・御嶽海の2人になった。ともにカド番の2大関は、高安が1敗を守る一方、豪栄道は琴奨菊にはたき込まれて2敗目を喫した。横綱・白鵬が右膝を痛め、4日目から休場した。

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです