メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム真理教

松本元死刑囚 四女「遺骨は海に散骨」 代理人会見「聖地化」を懸念

 オウム真理教による一連の事件で死刑が執行された教団元代表の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚が遺体の引き取り先に指名したとされる四女の代理人、滝本太郎弁護士が11日、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見した。元死刑囚の遺骨を太平洋の不特定地点で船から散骨したいとの意向を明らかにした。

 松本元死刑囚は9日、東京都内の施設で火葬された。四女は遺骨を受け入れる意向を示しているが、当面は東京拘置…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです