メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜・入院患者連続殺人

大口病院中毒死 3人目の投与供述 元看護師、70代女性に

 横浜市の旧大口病院で2016年9月、入院患者2人が界面活性剤により中毒死した事件で、2人と同時期に死亡した70代の女性入院患者について、殺人容疑で逮捕された元看護師の久保木愛弓容疑者(31)が消毒液を投与したという趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で判明した。病院に残っていた女性の血液から消毒液に含まれる界面活性剤の成分が検出されており、神奈川県警は関連を調べている。

 病院では16年9月18日に西川惣蔵さん(当時88歳)、同20日に八巻信雄さん(同)が中毒死した。県…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文566文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 川越東、接戦制す 4強出そろう 上尾も早大本庄降す /埼玉
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]