メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

京都・祇園祭の山鉾を彩る提灯作りが大詰めを迎えた…

大詰めを迎えた祇園祭の山鉾を彩る提灯作り=京都市下京区で2018年7月6日、川平愛撮影

 京都・祇園祭の山鉾(やまほこ)を彩る提灯(ちょうちん)作りが大詰めを迎えた。江戸中期創業の奥川提灯店(京都市下京区)では、7人の職人が白や赤の大小約3000個を手作業で作っている。

 昨年まで和紙を使っていた「長刀(なぎなた)鉾」やビニールだった「綾傘(あやかさ)鉾」は今年からほぼ全てを耐水紙で新調…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  2. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  5. 「恐怖で世界は一つになる」のか 東京オリンピック危ぶむ声 組織委は火消しに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです