メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタル

さくっとdocomo withスマホの真実を教えます。「arrows Be F-04K」編(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ドコモのお得な新プラン「docomo with」の対象となる個性的なスマートフォンをご紹介。今回は、タフネスボディが特徴の富士通製「arrows Be F-04K」です。

 

 

【関連記事】

さくっとdocomo with「MONO MO-01K」編

 

arrows Be F-04Kは、富士通製のAndroid 8.1搭載スマートフォン。ドコモオンラインショップでの価格は3万3696円となっています。タフネス性能が最大の特徴で、防水、おサイフケータイやワンセグといった機能も一通り備えています。「Exslider(エクスライダー)」という縦スクロール操作を快適にする独自機能も用意されています。

 

デザイン・持ち心地

バンパーのようなフレームで囲われたデザインで、一定の厚みがあることから、手の小さな人には若干持ちづらく感じられるかもしれません。

 

↑側面フレームに多少のふくらみはありますが、四角に近い形状です

 

スリムなボディですが、タフネス性能を備えています。落下や耐衝撃、防水、防塵、高温や低温時の動作など、23項目に渡って、米国国防総省の物資調達基準「MILスペック」に準拠した試験を実施。高い耐久性を実現しています。

 

↑その防水性能の高さから、食器用洗剤や泡ハンドソープで洗えるようになっており、手軽に洗って清潔な状態で使えます

 

右側中央に配置された電源ボタンが指紋センサーになっており、右利きなら親指でロック解除ができます。左下にストラップホールを装備。右上には伸縮式のワンセグ用アンテナが用意されています。

 

↑右側面に指紋センサーを搭載。右利きなら親指で使いやすい位置です

 

ディスプレイ・操作性

ディスプレイは5インチで、HD解像度のIPS液晶を搭載。ユニークなのは「Exlider」と呼ばれる指紋センサーを使った機能。指紋センサーを上下になぞることで、画面をスクロールできます。SNSのタイムラインなど、縦長の画面で指先の動きだけで高速に表示できます。右利きなら親指で快適に使える一方で、左手の人差し指で操作しようとすると持ちづらくなるので、左利きの方は購入前に確認した方が良いでしょう。

 

↑Exslider。スクロールを速度が5段階で変化する設定を選べば、Webサイトをサクサク閲覧できます

 

プリインストールアプリは少なめですが、ハイレゾ音声対応の音楽プレイヤー「HF Player」やヘルスケアアプリ「ララしあコール」、写真を高速に表示できるアルバム「Scene」など、一通りのアプリが揃っています。

 

↑ワンセグ用に伸縮式のアンテナを搭載しているのもポイント。イヤホンを持ち歩かずに使えて便利です

 

カメラ

カメラはオート撮影に特化した造りで、設定項目はほとんどありません。どんな状況でもシャッターボタンを押すだけでそこそこの出来の写真が撮れるようになっており、スマホの操作に不慣れな人でも、すぐ馴染めるでしょう。

 

↑やや落ち着いた彩色。手前の木の葉の緑が色飛びせずしっかり出ています

 

↑照明につられて暖色に寄り気味ですが、鶏肉のみずみずしさがよく表現されています

なるべく機種変せずに長く使いたい人に

arrows Be F-04Kは、docomo withの中でももっとも頑丈なスマートフォンです。落として割れるスマホはイヤだと考えるなら、この機種を選ぶのが正解でしょう。ハンドソープで水洗いにも対応するので、衛生面を気にする人にもおすすめ。あまり最新機にこだわらず、なるべく機種変せずに使いたい人には最適だと思います。

 

最低限必要なアプリはひとり通りプリインストールされているため、アプリを追加する手間が少なくて済むのも特徴といえます。初めてのスマートフォンにも適しているでしょう。

【関連記事】
どうせPC持ち歩く毎日だしアリ! Surface Goはあんま考えず「初タブ」したい人向け?
再入荷待ちのドンキ超格安PCが売れた由縁、触って考えてみる。
まるで自動ドア。ハンズフリー&オートロック機能搭載の「Qrio Lock」
良い音は良い仕事を生む! ヤマハ「YVC-200」は働き力を底上げするスピーカーフォン
価格かサイズか手書き感か? 今さら聞けないiPadの選び方

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです