メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株

反落219ドル安 貿易摩擦激化を警戒

11日、ニューヨーク証券取引所で働くトレーダーたち=UPI共同

 11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落し、前日比219.21ドル安の2万4700.45ドルで取引を終えた。米国の対中制裁関税の拡大による貿易摩擦激化への警戒感から、売り注文が優勢となった。

 中国事業への悪影響が懸念されている建設機械のキャタピラーや航空機のボーイング、半導体のインテルが売られ、相場を押し下げた。原油価格の急反落を受けて、シェブロンなど石油株も安かった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は42.59ポイント安の7716.1と5営業日ぶりに反落した。(共同)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]