メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

大幅反発255円高 円安で輸出関連株に買い

 12日の東京株式市場は、円安進行とアジア市場の上昇が買い材料となり、日経平均株価(225種)は大幅反発した。上げ幅は一時300円を超え、2万2000円を上回った。

     終値は前日比255円75銭高の2万2187円96銭。東証株価指数(TOPIX)は7.80ポイント高の1709.68。出来高は約11億9200万株。

     外国為替市場の円相場が1ドル=112円台の安値圏で推移したことで、円安が業績を押し上げると期待される輸出関連株を中心に買いが入った。

     米国の利上げペースが加速するとの観測から資金運用の利回り改善を見込む保険、銀行株も買われた。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
    2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
    3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 川越東、接戦制す 4強出そろう 上尾も早大本庄降す /埼玉
    4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
    5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]