メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NATO首脳会議

米大統領、国防支出の倍増要請

 【ブリュッセル八田浩輔、高本耕太】トランプ米大統領は11日、北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議で、加盟国の国防支出の目標を国内総生産(GDP)比で現行の2%から4%に引き上げるよう要請した。首脳会議はこの日、加盟国が国防支出などで「公正な責任を負う」方針を再確認した共同声明を採択して結束を演出したが、トランプ氏の独善ぶりが際立った格好だ。

 トランプ氏の4%目標の提案は非公開の場面での発言で、ブルガリアのラデフ大統領が会議後に記者団に明らかにした。米国の国防支出がGDP比3.5%に達することを念頭に置いた発言だとみられるが、加盟国に米国以上の努力を求めたことにもなる。米ホワイトハウスのサンダース報道官はトランプ氏の発言を認めたが、正式な提案ではないと説明。「大統領は、同盟国が防衛負担を多く分担し、少なくとも誓約した(2%の)目標を果…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです