メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

那須どうぶつ王国

ニホンライチョウのひな4羽が誕生

誕生したニホンライチョウのヒナ=那須どうぶつ王国提供

 栃木県那須町大島の動物園「那須どうぶつ王国」は11日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウのひな4羽が誕生したと発表した。

     同園では、環境省と連携したニホンライチョウの保護増殖事業で上野動物園(東京都)から受精卵を今月6日に受け入れ、ふ卵器に入れて誕生を待った。

     ひなは10日午後5時15分~11日午前6時半に次々とふ化。体長約6センチ。黒や茶、黄色が混じった産毛で、目がクリクリした可愛い姿を見せているという。

     体調は良好だが、ふ化した後の2週間は特に体調を崩しやすい時期とされる。昨年もふ化した3羽が死んでおり、同園は注意深く観察することにしている。【柴田光二】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
    5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]