メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

錦織またもジョコの壁「何かが足りない」

ウィンブルドン準々決勝戦でジョコビッチと対戦する錦織=ロイター

 セットカウント1-1で迎えた第3セットが大きなターニングポイントとなった。

 錦織は第5ゲームで、40-0とブレークチャンスをつかんだが、あと1ポイントが遠かった。「攻めたい気持ちがあったが、簡単ではなかった」。ジョコビッチはトップクラスの守備力が武器なだけに、錦織は慎重になり、ラリーで勝負どころの見極めに苦しんだ。逆に攻め込まれ、結局2度のジュースの末にキープされた。

 「最大のチャンスだった。このゲームを取っていたら何かが変わっていたかもしれない」と悔やんだ錦織。続…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文496文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  3. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです