メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人口動態調査

過去最多37万人減 外国人割合は最高

 総務省は11日、人口動態調査を発表した。住民基本台帳に基づく今年1月1日現在の日本人の人口は、前年より37万4055人少ない1億2520万9603人(0.3%減)だった。人口減少は9年連続で、減少幅は1968年に調査を開始して以降最大となった。一方、日本人と外国人を合わせた総計に占める外国人の割合は、外国人を調査対象に加えた2013年以降で最高となった。

     昨年1年間に生まれた日本人は調査開始以降最少の94万8396人で、2年連続で100万人に届かなかった。逆に1年間で亡くなった人の数は最多の134万774人で、死亡者数が出生者数を上回る「自然減」は11年連続。出生者数から死亡者数を引いた「自然減少数」は、過去最多の39万2378人だった。

     国内在住の外国人は17万4228人増の249万7656人(7.5%増)で、4年連続で最多を更新。外国人を含めた総計(1億2770万7259人)に占める割合も1.96%とこれまでで最高となった。年齢別では20~24歳の伸び率が特に高く、総務省住民制度課は「技能実習や留学などで来日する人が増えているようだ」と話している。

     東京圏・名古屋圏・関西圏の「3大都市圏」に住む日本人は6453万4346人(0.01%増)となり過去最多を更新。ただ、三つの都市圏のうち人口が増加したのは東京圏(0.23%増)だけで、名古屋圏(0.22%減)と関西圏(0.3%減)は前年よりも減少率が上昇した。

     都道府県別では、日本人住民が増えたのは▽東京都▽埼玉県▽神奈川県▽沖縄県▽千葉県▽愛知県--の6都県だけで、増加数・増加率ともに東京都がトップだった。出生者数が死亡者数を上回る「自然増」は沖縄県のみ。一方、日本人住民の減少率が最も高かったのが秋田県(1.39%減)で、青森県(1.19%減)、山形県(1.07%減)が続いた。【青木純】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
    3. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    4. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
    5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]