メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選挙改革

「6増」法案通過 自民、17日成立目指す

参院の定数を「6増」する自民党提出の公職選挙法改正案が自民、公明両党の賛成多数で可決された参院本会議。手前の空席は採決に抗議し退席した立憲民主党などの議員たちの席=国会内で2018年7月11日午後7時46分、川田雅浩撮影

 参院は11日の本会議で、自民党などが提出した参院定数を「6増」する公職選挙法改正案を自民、公明両党などの賛成多数で可決し、衆院に送付した。国民民主、共産、日本維新の会、希望の各党などは反対。立憲民主、自由、社民各党などは退席した。同改正案は参院先議で、自民党は早ければ17日の衆院本会議での成立を目指す。

 同改正案は、「1票の格差」を是正するため、議員1人あたりの人口が最も多い埼玉選挙区の定数を2増やす…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文732文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです