ドコモ社長

「2年縛り」見直し検討 今秋にも内容公表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに応じるNTTドコモの吉沢和弘社長=東京都千代田区のNTTドコモ本社で2018年7月10日、森有正撮影
インタビューに応じるNTTドコモの吉沢和弘社長=東京都千代田区のNTTドコモ本社で2018年7月10日、森有正撮影

 NTTドコモの吉沢和弘社長が毎日新聞のインタビューに応じ、2年間の継続利用を条件に月々の通信料を割引するいわゆる「2年縛り」について、見直しを検討していることを明らかにした。吉沢社長は「今秋ごろまでに見直しの具体的な内容をまとめ、公表したい」と話した。

 総務省の有識者会議は4月、「2年縛り」について、契約満了前に解約すると違約金が発生するほか、2年経過直後でも25カ月目の料金を払わないと解約や携帯電話会社の変更ができないことから、「利用者の意に沿わない負担を生じさせかねない」と懸念を表明。総務省は6月、違…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文640文字)

あわせて読みたい

注目の特集