メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アップル

契約見直し 公取委「iPhone料金拘束」

アイフォーンX=名古屋市中区のアップル名古屋栄店で2017年11月3日、兵藤公治撮影

 公正取引委員会は11日、米アップルがiPhone(アイフォーン)の販売で国内の携帯電話大手3社と結んでいた契約が多様な料金プランの提供を妨げているとして、同社に独占禁止法違反の疑いを指摘したと発表した。これを受けアップルが自主的に契約を見直すことで3社と合意したため、公取委は同日審査を終了したとしている。

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1270文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです