メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アップル

契約見直し 公取委「iPhone料金拘束」

アイフォーンX=名古屋市中区のアップル名古屋栄店で2017年11月3日、兵藤公治撮影

 公正取引委員会は11日、米アップルがiPhone(アイフォーン)の販売で国内の携帯電話大手3社と結んでいた契約が多様な料金プランの提供を妨げているとして、同社に独占禁止法違反の疑いを指摘したと発表した。これを受けアップルが自主的に契約を見直すことで3社と合意したため、公取委は同日審査を終了したとしている。

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1270文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです