メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中貿易戦争

報復の連鎖やまず 生活関連品まで追加関税

トランプ米大統領=西田進一郎撮影

 【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】制裁・報復の応酬を続ける米中の「貿易戦争」がさらに深刻さを増した。トランプ米政権が新たに突き付けた2000億ドル(約22兆円)の追加関税リストに、中国は再び報復を宣言。両国の国民生活などに悪影響を及ぼす恐れが強まっているが、互いに一歩も退かない「チキンレース」の様相を呈している。

 「米国民が『トランプ税』の標的になることなど、政権は何の心配もしていない」。米衣料品業界団体は10…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1246文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです