メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対中関税22兆円分 追加リスト6031品目

米中の追加関税の構図

 【北京・赤間清広、ワシントン清水憲司】トランプ米政権は10日、中国の知的財産権侵害に対する制裁措置として、新たに10%の追加関税を課す2000億ドル(約22兆円)規模の中国製品6031品目のリストを公表した。これに対し、中国政府はただちに報復措置の検討を表明し、両国の対立は更に深まった。

 米通商代表部(USTR)が10日発表した新たな対中制裁のリストには、農・海産物や家電、家具など生活に密着した製品も含まれている。必要な国内手続きを8月末までに終え、9月にもトランプ氏が発動するかどうか最終判断する。

 一方、中国商務省は11日、「追加リスト発表はまったく受け入れられない。厳正に抗議する」とする報道官談話を発表し、「国家と人民の利益を守る必要な措置を取らざるを得ない」と報復の検討に入る方針を示した。併せて世界貿易機関(WTO)へも提訴する。

 米中両政府は既に、総額500億ドル規模の相手国製品に25%の追加関税を課す制裁・報復措置をそれぞれ決定しており、このうち340億ドル分は今月6日に発動済み。残る160億ドル分も早ければ月内に発動される見通しだ。今回の米国の制裁拡大によって対象製品は2500億ドル規模と、中国からの年間の輸入額の約半分に上ることになる。

 一方、中国の米国製品の輸入額は1300億ドル程度で、追加関税による同規模の報復措置を取ることができない。中国政府は「質と量を組み合わせた総合的な措置を取る」と警告しており、追加関税以外にも報復手段を広げる可能性がある。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
  2. 都市対抗野球 神戸・高砂が42年ぶり4強 鷺宮を完封
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. インサイト ミカン、希望の0.5トン
  5. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]