メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府市

都構想1.1兆円 総合区712億円…経済効果

 大阪府と大阪市は11日、市を廃止して特別区に再編する「大阪都構想」と、市を残し行政区の権限と機能を強化する「総合区」の両制度に関する経済効果を発表した。都構想では広域行政が一元化され、制度移行後の10年間で歳出を抑制できる額は最大1兆1409億円とし、総合区では同712億円。数値の根拠を巡る議論が今後の焦点になる。

 試算は公募で決まった嘉悦学園(東京)が実施。特別区と総合区の歳出抑制効果のほか、二重行政の解消や社…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文525文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです