メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸新開地・喜楽館

新たな演芸場が開業 上方落語の定席

新たな演芸場「神戸新開地・喜楽館」の開場セレモニーで、手締めをする上方落語協会の桂米団治副会長(中央)ら=神戸市兵庫区で2018年7月11日、梅田麻衣子撮影

 神戸市兵庫区の新開地に11日、新たな演芸場「神戸新開地・喜楽館」が開業した。天満天神繁昌亭(大阪市北区、2006年開業)に続く第2の上方落語の定席で、夜は他の演芸や音楽などの公演も開かれる。名誉館長に就任した桂文枝さんは「落語するのにぴったりで、神戸らしいおしゃれな寄席ができた。『東の浅草、西の新開地』と呼ばれた昔の繁栄に少しでも近付けたい」と抱負を語った。

 開場セレモニーには、上方落語協会の笑福亭仁智会長や兵庫県の井戸敏三知事、神戸市の久元喜造市長らが出…

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文691文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです