メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段

地元・瀬戸市、将棋文化振興協会設立へ

協会設立を発表する(左から)伊藤保徳市長、広報大使の旭堂鱗林さん、水野和郎・瀬戸信金理事長=瀬戸市役所で2018年7月10日午前11時6分、花井武人撮影

 将棋の藤井聡太七段(15)の活躍に沸く地元・愛知県瀬戸市は、将棋文化を通して元気な街づくりを進めるための組織「瀬戸将棋文化振興協会」を設立する。日本将棋連盟の支部として活動し、官民挙げて将棋文化の普及と振興に取り組むという。8月4日に同市蔵所町の瀬戸蔵ミュージアムで設立総会を開催する。また「藤井聡太物語」の公演を続ける女流講談師、旭堂(きょくどう)鱗林(りんりん)さん(44)が市の広報大使に委嘱された。【花井武人】

 協会は伊藤保徳市長、水野和郎・瀬戸信用金庫理事長ら地元各界の10人が発起人となった。代表の水野さんは「藤井七段の活躍で瀬戸市が全国に知られるようになった。これを好機とし、協会を設立して市民が将棋の楽しさを知る機会を増やし、街を元気にしたい」と設立の動機を話した。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです