メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK

ネット常時同時配信、総務省解禁へ 実現へ法改正

NHK放送センター=東京都渋谷区で、山本晋撮影

 NHKが2019年度の開始を目指すテレビ番組のインターネット常時同時配信について、総務省が11日、解禁する方針を固めた。同省の有識者会議が13日の会合で「一定の合理性がある」との報告書案を提示することを受け、同省は実現のための放送法改正案を来年の通常国会に提出する方向だ。実現に向け動きが加速するが、民放各局からはNHKの「肥大化」を懸念する声も上がっている。

 報告書案を示すのは「放送を巡る諸課題に関する検討会」(座長=多賀谷一照・千葉大名誉教授)。常時同時配信について、NHKは、20年の東京五輪・パラリンピックを前にした19年度中に総合とEテレの番組の配信を開始することを総務省に要望していた。現在は災害報道や大型スポーツ中継などに限り、同時配信が認められているが、全ての放送中の番組を24時間配信できるように法改正する。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  2. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  3. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです