メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

熱中症の懸念広がる 専門家「休憩こまめに」

 西日本を襲った豪雨被害で、住民やボランティアが片付け作業に追われる被災地では、熱中症への懸念も広がっている。専門家は「睡眠や食事を十分にとれず、ストレスを抱える被災者は熱中症になりやすい」と指摘。断水が続いている地域もあり、「休憩をこまめにとってほしい」と注意を呼び掛ける。

 熱中症に詳しい三宅康史・帝京大医学部付属病院高度救命救急センター長は「体力や体調を見極めながら、涼しい場所に行くなど質の良い休憩を取ることが大切」と指摘する。日光を反射する白色の風通しのよい服を着る…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです