特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

熱中症の懸念広がる 専門家「休憩こまめに」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 西日本を襲った豪雨被害で、住民やボランティアが片付け作業に追われる被災地では、熱中症への懸念も広がっている。専門家は「睡眠や食事を十分にとれず、ストレスを抱える被災者は熱中症になりやすい」と指摘。断水が続いている地域もあり、「休憩をこまめにとってほしい」と注意を呼び掛ける。

 熱中症に詳しい三宅康史・帝京大医学部付属病院高度救命救急センター長は「体力や体調を見極めながら、涼しい場所に行くなど質の良い休憩を取ることが大切」と指摘する。日光を反射する白色の風通しのよい服を着る…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集